• たわら庵
  • たわら庵
  • たわら庵

たわら庵 東館

(たわらあん ひがしかん)
内裏(禁裏)であった「京都御所」の入り口まで徒歩10分。地元人の憩いの場「鴨川」まで徒歩10分。京都の繁華街である河原町界隈まで徒歩10分。夏の風物詩として有名な川床がある「先斗町」まで徒歩15分。

調理可

ご予約/空室検索

精巧な意匠と和の趣を残す
ハイグレードな町家宿「たわら庵 東館」

平安京の中心地として栄えた「御所南」エリア。北側には「京都御所」を有する京都御苑が広がり、東側には地元人の憩いの場である「鴨川」が流れます。商業施設が集まる四条烏丸や四条河原町も徒歩圏内であることから、京都随一の住宅地としても人気です。
そんな御所南エリアの一角、富小路通に「東館と西館」からなる「たわら庵」はあります。かつては、職住一体の町家長屋で、そのどっしりとした佇まいは在りし日の栄華を彷彿とさせます。勝海舟の巻物も収蔵されていました。
入り口の門近くが東館です。1階は、元の和室を生かし、年配や海外の方も過ごしやすいように新しく掘り炬燵を設えました。その並びには、高級木風呂の「高野槙風呂」。ゆったりとした浴槽で旅の疲れを癒していただけます。2階は、シモンズのベッドが配された洋室と和室の2部屋。細部にまで宿る町家の趣を思う存分に感じることができる、本格的な町家宿です。

  • gal2_img01
  • gal2_img02
  • gal2_img03
  • gal2_img04
  • gal2_img05
  • gal2_img06
  • gal2_img07
  • gal2_img08

匠の技が随所に残る稀少な町家長屋

たわら庵 東館-庭今では再現が難しい、当時の大工仕事が残る立派なお屋敷。随所に意匠を見ることができます。例えば、1階の和室。畳の下にも杉の板が敷かれていて、暖かさと丈夫さを考慮した造りになっています。床の間に使われているさるすべりの変木も貴重なもの。また、柱の丸太には高価な赤杉が使われ、柱の下部分を削って年輪を見せる、面皮の仕事が施されています。見えない部分ですが、釘は1本1本手造りの会折れ釘などが使われており、一部はそのまま生かされています。
当時の生活に想いを馳せながら、風情溢れる町家での滞在を味わってみてください。

高級木風呂「高野槙風呂」でくつろぎの時間

たわら庵 東館-風呂浴室には、木風呂の最高級品と言われる高野槙風呂を設えました。高野槙は、きめ細かい木目の黄白色で、檜よりも美しい光沢が特徴です。深くて広い浴槽の中は、高野槙の中でも最高級の無地の木材を使っています。やわらかな材質で肌触りも抜群!洗面ボールには、信楽焼で設えました。浴槽の隣は坪庭なので、小窓を開けて、旅情に浸るひとときを。

心安らぐ坪庭の風景

たわら庵 東館-浴室東館と西館の中央には、風や光の通りを考えて造られた「中庭」があります。これも都市住宅の原型と言われる町家の特徴です。改装前の雰囲気を残しながら、京都の山木を取り入れ、美しく改修しました。入り口近くには、「前庭」も。京都の住宅には多い、杉皮を使った壁に注目してみてください。街中にありながらも、上手に自然を取り入れて暮らしていた、京都の昔の人の知恵が感じられます。

お部屋詳細 ご予約/空室検索

たわら庵 東館 施設概要

名称
たわら庵 東館(たわらあん ひがしかん)
所在地
京都市中京区富小路二条下ル俵屋町190番地
電話番号
050-2018-1700 / 075-468-1560
定員
2名様から10名様
アクセス
京都市営地下鉄・烏丸線「烏丸御池駅」より徒歩約8分
アメニティ
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディーソープ
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • 歯みがきセット
  • ゆかた
  • 日本茶(緑茶、ほうじ茶、玄米茶)
  • コーヒー
  • 紅茶
室内設備
  • Wi-Fi
  • IHコンロ
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • 電気ケトル
  • 調理器具
    (両手鍋、フライパンなど)
  • 食器類
  • ドライヤー
  • ベッド2台
  • お布団
  • テレビ
  • 冷暖房
  • ウォシュレットトイレ

※調味料類はお客様の好みやアレルギーの問題などありますのでご用意しておりません。 皆様でのご準備をお願いしております。

ご予約/空室検索