Tel:050-2018-1700 (10時‐19時)

町家オーナー様へ

㈱京町家の宿では、町家を旅館として運営する方のお手伝いを行っています。
私どもは、実際に一日一組の宿泊施設の運営を行っています。
今までの経験に基づいた魅力ある宿にする為のお手伝いを致します。
まずは下記を一読して頂いて興味がありましたらお気軽にお電話下さい。

町家を宿泊施設として運用するには、旅館業法に基づく許可が必要となります。
旅館営業許可を得ないで不特定多数の人を宿泊させると、違法営業となります。
又、法令を遵守している旅行会社で販売出来ませんので稼働率を上げるのは困難でなります。

旅館業法(保険所)
宿泊施設として運営するにあたって要となる法律です。
旅館営業許可を得るためには、以下の条件を満たす必要があります。

消防法(消防署)
避難誘導灯・などもし火災が発生しても被害を最小限に留める為に必要です。
条件を満たせば”適合通知書”が発行されます。

建築基準法(京都市都市計画局建築指導部建築審査課)
建築物は、建築用途が定められています。
一般的に、住宅は住居として申請され建築基準法上住居としての基準を満たされています。
宿泊施設は、基本的に不特定多数の人が利用するとされ、厳しい条件を満たす必要があり
住居から宿泊施設への用途変更が必要となります。
しかし、旅館として使用する床面積が100平米以下の場合は申請は必要ありません。
但し、条例で定められた”バリアフリー条例”を満たす必要があり所轄する部署の指導を受けなければなりません。

以上の条件を満たせば旅館営業許可が発行されますが
宿泊する利用者が魅力を感じる施設にしなければ収益を期待出来ません。
実際に町家宿泊施設を運営しお客様と接している私どもにはそのノウハウがあります。
町家オーナー様からのご連絡をお待ちしております。




五辻庵

タグ: airbna、, 違法,, 営業許可, 規制緩和, 消防署